50Ωコネクタの説明

1、50Ωコネクタとは

同軸コネクタの中で50Ωにインピーダンス整合されたコネクタを50Ωコネクタと一般的に呼ばれています。

低周波から高周波まで幅広く使用されています。ロス、電力、絶縁破壊、作りやすさなどいろいろな面から平均的な性能が得られる50Ωが標準となったとされています。

世界的に高周波用ネットワークアナライザなどの多くは50Ω部品に接続されるように設計されています。

2、50Ωコネクタの基本構造

絶縁体の材質(ɛ)によって数値が変化します。絶縁体の外径(D)と中心コンタクトの外径(d)の大きさで、コネクタは50Ωに整合されます。
外部導体、シースの材質はインピーダンスには直接影響はありません。



ɛ材質 D(絶縁体外径) d(中心コンタクト外径)
空気 約2.3 1
テフロン 約3.28 1
ポリエチレン 約3.41 1

 

NIHON ELEPARTS Co.,Ltd. © 2018 All rights reserved.